母乳不足にならないために、母乳の出る仕組みを理解しよう

母乳育児

それって本当に母乳不足?母乳が出なくなる原因

さっき飲ませたのに、また欲しがる
授乳間隔が短い
飲ませた後もぐずる

このようなことが起こると、お母さんは不安になってしまいます。

私の母乳だけじゃ足りないのかしら・・・
ミルクを足した方がいいのかしら・・・

家族や周囲の人たちからも言われます。

きっと母乳だけじゃ足りないんだよ。
ミルクをあげなさい。

そして、ミルクを足す
 ↓
さらに母乳の出が悪くなる
 ↓
さらにミルクを足す
 ↓
ますます母乳が出なくなる・・・

これが、母乳が出なくなる原因です。

ミルクを足すと母乳の出が悪くなる

ミルクは母乳に比べて消化が悪く、言い方を変えると腹持ちが良いんです。
だから、ミルクの授乳間隔は約3時間と決められています。

ミルクは、1日8回の授乳(約3時間おき)が基準ですが、
母乳の場合は1日10回なんて当たり前、それ以上でも全然問題ありません。

母乳は1時間おき、2時間おきでもいいんです。
母乳の授乳間隔は、赤ちゃんに任せていいんです。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、自然と授乳間隔も開いてきます。

ミルクを飲むと、授乳間隔が開くので、授乳回数が減ります。

それは、赤ちゃんがお母さんのお乳を吸う回数も減る、ということにもなります。
すると、お母さんの身体が母乳は必要ないと感じ、徐々に作るのをやめてしまいます。
結果、ますます母乳の出が悪くなってしまうのです。

母乳が出る仕組みはとにかく吸わせること!

母乳が出る仕組みは、お母さんの乳首を赤ちゃんが吸う刺激で起こります。
最初はほとんど出ません。出ないのが普通です。

産後、すぐ出るようになるお母さんもいますが、産後2~3日位はほとんど出なくても問題ありません。
赤ちゃんは、産後2~3日程度ならお乳を飲まなくても大丈夫なように、
おなかの中で栄養を蓄えて生まれてくるからです。

だから、産後の入院期間内にどれだけ赤ちゃんに吸わせるかで、
今後の母乳育児がどうなるか決まるといっても過言ではありません。
吸わせることで、母乳はどんどん作られるようになるからです。

そのためにも、母乳育児に力を入れている産婦人科や産院を選ぶことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました