アトピー治療記

生後5日目から-3か月健診でアトピー性皮膚炎の疑い

投稿日:

眼帯が原因?目の周りの赤いポツポツ

二人目の子である娘、生後5日目のこと。
「黄疸が少し強いから、1日保育器に入れて治療しましょう」
と言われ、青い紫外線の中、オムツだけの裸の姿で、紫外線にやられないように両目には眼帯をつけて、赤ちゃんは丸1日保育器の中で過ごしました。

その間、直接授乳することができないので、授乳時間が来る度にさく乳し、それを哺乳瓶に移して飲ませていました。
保育器に入っているときは水分をたくさん与えなくてはならないらしく、私の母乳にプラス、糖水やミルクも与えていました。

翌日、無事治療は終わり、赤ちゃんが保育器から出てきました。
早速服を着せで眼帯を外し、1日ぶりの授乳です。
ところが、授乳をしながら、あれ?と気がついたことがありました。
それは、目の周りにポツポツと赤い湿疹のようなものが出来ていたのです。

看護婦さんに言ってみたら、眼帯を着けていたせいかも、とのこと。
それならその内引くだろうと、特に心配もせず、その日の午後、退院しました。

ところが、その湿疹は引くことはなく、退院してからもずっと消えずに出ていたのです。

1ヶ月健診は良好!でも顔の湿疹は消えない

1ヶ月健診では、体重増加も良好で、特に問題もなく、順調そのもの。
ただ、顔の湿疹は相変わらずで、そのことを先生に言ったら、
おそらく乳児湿疹だろうから、心配ない。清潔にしてあげて、とのことでした。

ところが、2ヶ月を過ぎたころ、顔の湿疹が徐々に広がって来たのです。
顔から首、胸からおなかへ・・・。
そして、とうとう痒がりだしたのです。

一番症状がひどいのは顔と頭だったのですが、まだ上手く動かせない小さな手で、顔や頭をこすっているのです。
それでも、1ヶ月検診で、乳児湿疹だとの診断を受けていたので、頭や顔をかかないように手袋をはめる以外は特に何もしないまま、過ごしていました。

しかし、顔の湿疹は段々ひどくなり、身体はザラザラ、赤ちゃんらしくない肌になって行ったのです。
この頃から、もしかしたら、アトピーなのでは?と思い始めました。

そんなある日、義母が、
「乳児湿疹かも知れないが、もう一度小児科に連れて行った方がいいんじゃない?」
と言ってきたのです。

しかし、もうすぐ3ヶ月検診だったので、その時に聞いてみますと言い、連れて行きませんでした。

アトピーとは思いたくなかった。
これは乳児湿疹なんだ、と思いたかったのです。
しかし、3ヶ月健診に連れて行った時の診断は、アトピー性皮膚炎の疑いあり、でした。

-アトピー治療記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めてのカウンセリングで悩んで考えて、そして決意する

初めてのカウンセリング 上の子は義母に預けて、夫と赤ちゃんと私の3人で、カウンセリングを受けに行きました。 カウンセラーの話は次の通りでした。 アトピー性皮膚炎の中でも軽度なので、お誕生日を迎える頃に …

薬の種類-処方された薬のほとんどがステロイドだった!

アトピーの薬の代名詞にもなっている「ステロイド」。 正しく使えば怖い薬ではないのですが、赤ちゃんに使うとなると、ちょっと抵抗があるのも事実。 ステロイド外用剤 ステロイドは、薬の強さで5段階に分類され …

生後7ヶ月で回復の兆しが!8ヶ月で徐々に回復を実感!

生後7か月、徐々に成果が表れ始める 私がほぼ完全に牛乳及び乳製品を断ってから半月が経ちました。 その成果なのか、頭とおでこ以外はかなりきれいになり、さわり心地もつるつるしてきました。 見た感じでは、頭 …

生後9か月でアトピーはほぼ完治!その後はどうなった?

アトピーが治まってからの様子 アトピーの症状はすっかり治まりました。 しかし、まだ牛乳にアレルギーがあるので、それを含む食品等を口にすると一時的に湿疹が出ます。 アトピーの時は、どんなに暑くても汗が出 …

生後5か月-変化のない日々、薬への不安から温泉治療法へ

薬への不安 皮膚科Bでの治療に落ち着き、処方される薬を飲ませ、塗る日々が続きました。 私が卵と牛乳を少し食べたり除去したりしていましたが、あまり変化がないので、少なめを心がけながら、この頃から普通に食 …