成長ホルモンでバストアップ!ラクトゲン受容体とは?

バストアップ

ラクトゲン受容体って知っていますか?
これが成熟していれば、成長ホルモンでバストアップができるかも知れません。

ラクトゲン受容体とは

女性ホルモンや成長ホルモンの受け皿のようなもので、ラクトゲン受容体が成熟することで、ホルモンがバストに作用することができます。
女性ホルモンが活発になる13~17歳頃に成熟することが多く、そこに成長ホルモンが加わることで、バストが成長します。

バストの成長には、ラクトゲン受容体の成熟と成長ホルモンの分泌が必要です。

体内で成長ホルモンが分泌されるのは、夜10時頃から夜中の2時頃、睡眠中に一番多く分泌されます。
体が成長している思春期は、この時間帯にしっかり睡眠を取ることが大切です。

ラクトゲン受容体が未熟だと貧乳になる!?

しかし、残念ながらラクトゲン受容体が未熟なままの人もいます。
10代でこのラクトゲン受容体が成熟していないと、いわゆる貧乳になるようです。
しかし、10代を過ぎてからラクトゲン受容体が成熟する人がいます。
この場合、成長ホルモンを投与することでバストアップが期待できます!

成長ホルモンのバストアップ効果とは?

成長ホルモンによるバストアップの効果は、ラクトゲン受容体の成熟度によります。
10代では未熟だったラクトゲン受容体が、後に成熟していたのであれば、成長ホルモンを投与することで、バストアップ効果が現れます。

しかし、ラクトゲン受容体が未熟なままだと効果は現れません。
残念ながら、事前にラクトゲン受容体の成熟度を確かめる方法はないようなので、成長ホルモンを投与してみないとわかりません。

試してみる価値はあると思いますが、効果については、試してからのお楽しみ?です。

実は、私も試してみました。
2ヶ月間、成長ホルモンを投与してみた経過と結果は、こちらの記事をどうぞ!

成長ホルモンを投与するとバストアップするのか試してみた!
20・30代の女性が成長ホルモンスプレーを使ったら、バストが大きくなった!? 10代にバストが大きくなるのは、女性ホルモンと成長ホルモンの影響を受けており、女性ホルモンの分泌と成長ホルモンの相性やタイミングが合うと、バストの発育が良くなり...

コメント

タイトルとURLをコピーしました