ずっと親子やってます

2男1女の子育てブログ。妊娠・出産や母乳育児、アトピーや年子育児、発達障害などの育児体験を書いています。

母乳育児

母乳育児を楽にスタートするために妊婦のときから始めよう

投稿日:

私はこれを怠ったばっかりに、産後、かなりつらい思いをしました。
赤ちゃんがおなかの中にいる内から、心がけておきましょう。

乳頭マッサージ

流産の危険が少なくなる20週過ぎから、乳腺の発達を促すマッサージを始めることをおすすめします。
乳頭を丈夫にし、母乳の通り道である乳管を開くのが目的です。

入浴後など、清潔な状態のときにオリーブオイルなどをつけ、指先でマッサージします。
おなかが張ってきたらすぐに中断し、おさまるのを待ちましょう。

1.乳頭とその周りにオリーブオイルなどを塗る
2.親指と人差し指で乳頭の根元を上下にはさむ
3.乳頭を引っ張りながら、はさんでいる指の爪が白くなるくらい(ちょっと痛いくらいに)強めに力を入れる
4.今度は左右にはさむ。3.と同様に、乳頭を引っ張りながらはさんでいる指の爪が白くなるくらい(ちょっと痛いくらいに)強めに力を入れる

以上を両方の乳頭に行います。

乳頭のマッサージをすることで、柔らかく、伸びが良くなります。
赤ちゃんが吸い付きやすくなるのです。

哺乳瓶の乳首を実際に見てもらうとわかると思いますが、結構長いと思いませんか?

この形が赤ちゃんが吸い付きやすい乳首の形なんです。
こんなに伸びるの?って思うかもしれませんが、伸びるようになります。

私の場合は、相当痛い思いをしながら吸わせ続けて、ようやく伸びるようになりましたが、授乳があんなに痛くて大変なものだとは思いませんでした。

硬く伸びの悪い乳首は赤ちゃんが吸い付きにくくて飲みにくい。
その上、柔軟性にも乏しいため、乳頭の先が切れてしまうことがあります。
これがかなり痛くてつらい!

そうならないためにも、ぜひ、妊婦のときからマッサージしておいてくださいね。

-母乳育児
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よく出る母乳にするには?そのために心がけて欲しいこと

母乳がたくさん出るようにするには、頻回授乳とお母さんの食生活が大切ですが、詳しくはこちらで説明していますので、参考にしてください。 母乳不足にならないために、母乳の出る仕組みを理解しよう おいしい母乳 …

おいしい母乳を出すにはお母さんの食生活を大切にしよう

お母さんの血液が母乳 母乳はお母さんの血液が変化してできます。 お母さんの食べた栄養分は血液となるので、それが母乳になります。 母乳が白くなるのは、血液中のたんぱく質などの栄養素や白血球などの成分を母 …

おっぱいが小さいと母乳が出ない?胸の大きさは関係あるの?

妊娠すると乳腺が発達してバストが大きくなることは知っていると思いますが、 おっぱいの大きさで母乳の量が決まるのでしょうか? 確かにバストは女性の象徴でもあるので、豊満な方が母乳がたっぷりと出るようなイ …

母乳不足にならないために、母乳の出る仕組みを理解しよう

それって本当に母乳不足?母乳が出なくなる原因 さっき飲ませたのに、また欲しがる 授乳間隔が短い 飲ませた後もぐずる このようなことが起こると、お母さんは不安になってしまいます。 私の母乳だけじゃ足りな …