バストアップに効果がある体操・マッサージ・ツボ刺激

バストアップ

体操によるバストアップ方法

バストアップ体操でバストの土台である大胸筋を鍛え、豊かで張りのある胸を手に入れましょう!

体操の効果とは

バストを支えるための土台である大胸筋を鍛えることで、豊かで張りのある胸になる効果があります。
でも、スポーツ選手のように鍛える必要はありませんので、ほどほどに。

合掌ポーズ

少し厚めの本を用意します。
マンガや電話帳などでOK!
本がない場合は、自分の手だけでもいいですよ。

背筋を伸ばし、両手で本を胸の前ではさむように持ちます。
肘の角度は約90度を保ったまま、息を吐きながら10~20秒、均等な力で両手を強く押し合います。

本を使わない場合

両手を胸の前で合わせ、同じく肘の角度は約90度を保ったまま、息を吐きながら10~20秒、均等な力で両手を強く押し合います。

これを、5回繰り返します。
5回を1セットで、1日3回。

腕立て伏せ

膝を床につけて腕立伏せをゆっくり15回行います。
15回を1セットで、1日1回。
極度のやり過ぎは禁物!
逆に胸が硬くなってしまうかも知れません。
筋肉は、急激につければ急激に落ち、ゆっくりつければゆっくり落ちるものなので、
一気にやれば良いと言うものではありません。
一定の量を毎日続けることがポイントです!

マッサージによるバストアップ方法

全身の血行が良くなっている、お風呂でのバストアップマッサージが最適です。
張りのあるイキイキとしたバストを目指しましょう。

マッサージの目的と効果

マッサージの一番の目的は、バストの血行を良くすることです。
血行が良くなることで、女性ホルモンの分泌が活発になるのです。
また、血液循環もよくなりますから、新陳代謝も促進され、張りのある、イキイキとしたバストになる効果もあります。

ブラシでマッサージ

石けんをよく泡立て、下から横、上へと円を描くようにブラッシングします。
この順番が大切!
ブラシはソフトなものを使用して、優しくマッサージしてください。

シャワーでマッサージ

シャワーの水圧を強めにします。
下から上へ、外側から斜め内側に当てて、バスト全体を刺激します。
真正面からは当てないように注意!

タオルでマッサージ

絞ったタオルで下から上へ、外側から斜め内側へ、寒風摩擦の要領でこすります。
左右20~30回。
バストの形が整ってきます。

両手でマッサージ

バストの周り全体を両手でマッサージします。基本の順番、下から横、上へと円を描くようにマッサージしてください。
石けんのままでもかまいませんが、クリームなどを使った方が効果大です。
片方10~20回。

指圧でマッサージ

片手でバストを外側からつかむようにもんだりさすったりします。
これもクリームなどを使った方が効果大です。
10~20回。

ツボ刺激によるバストアップ方法

お風呂に入ってリラックスしながら、ツボを刺激してバストアップ!
バストアップの為のマッサージやツボの刺激は、お風呂に入りながら行うとより効果的です。
温かな湯船で体をリラックスさせて、ゆっくりツボを押したり、マッサージしたり、心も体もくつろげる時間を過ごしましょう。

ツボ刺激の効果とは

ハリのある形のよいバストにするためには、
「だん中」と「天渓」の2つのツボへの刺激を気長に続けると効果的です。

ストレスや不規則な生活はホルモンバランスを乱す大きな原因になります。
ゆっくりとお風呂につかる時間をうまく活用しましょう!

だん中

女性ホルモンの分泌と関係があり、バストアップだけでなく肌を美しくする働きもあります。

ツボの探し方、押し方

だん中は、左右のバストトップを結んだ線のちょうど真ん中にあります。

だん中を刺激する場合は、だん中に右手の人差し指と中指をあて、左手の人差し指と中指を右手の指の上に重ねて押します。

天渓

乳腺の発育と深く関係しているツボ。

ツボの探し方、押し方

バストと胸部の境目、バージスライン(乳房の輪郭線)のわきで、乳首の高さに位置し、左右両側にあります。天渓を刺激する場合は、左右のバストを持ち上げるようにして、親指で内側に向かって押してください。この刺激法を左右同時に行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました