よく出る母乳にするには?そのために心がけて欲しいこと

母乳育児

母乳がたくさん出るようにするには、頻回授乳とお母さんの食生活が大切ですが、詳しくはこちらで説明していますので、参考にしてください。

母乳不足にならないために、母乳の出る仕組みを理解しよう
それって本当に母乳不足?母乳が出なくなる原因 さっき飲ませたのに、また欲しがる 授乳間隔が短い 飲ませた後もぐずる このようなことが起こると、お母さんは不安になってしまいます。 私の母乳だけじゃ足りないのかしら・・・ ...
おいしい母乳を出すにはお母さんの食生活を大切にしよう
お母さんの血液が母乳 母乳はお母さんの血液が変化してできます。 お母さんの食べた栄養分は血液となるので、それが母乳になります。 母乳が白くなるのは、血液中のたんぱく質などの栄養素や白血球などの成分を母乳にし、赤い色の赤血球は母...

それ以外に、効果的な方法をご紹介します。

お風呂でリラックス

身体が温まると血液の循環が良くなり、胸の血行が良くなると、母乳もよく出るようになります。

シャワーで熱めのお湯を胸にたっぷりかけたり、熱いタオルで温めるのも効果的です。
生後間もない赤ちゃんは、2~3時間おきにお乳を欲しがるので、お母さんは睡眠不足になりがちです。
でも、母乳をたっぷり出すには、身体を休めることも大切です。

睡眠をしっかり取る

母乳を作るプロラクチンの分泌は睡眠中に増加しますので、短時間でもなるべく睡眠を取り、ゆっくり休むとことがよく出る母乳への近道です。

赤ちゃんが眠ったらお母さんも一緒に横になるなどして、小まめに休息を取るようにしましょう。

ストレスをためない

母乳を出すホルモンは、精神的な影響を非常に受けやすいのです。
例えば、赤ちゃんの泣き声を聞いたり、授乳時間が近づいたりすると、お乳が張ってポタポタ垂れてしまうことがありますし、逆にストレスは母乳の分泌を抑えてしまいます。

ゆったりとした気分で過ごすこと。
そして、赤ちゃんに何度も乳首を吸わせることが、母乳の出を良くするためにとても大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました