アトピー治療記

辛いリバウンド、生後6か月で受けたアレルギー検査の結果

投稿日:

リバウンドが辛い!

薬を使わなくなってから数日後、今までで最悪の状態になり、身体中にアトピーの症状が出ました。

とにかくかゆいらしく、常に頭や顔をかいていました。
まだ小さな手でかく姿は、見ていて辛かったです。

爪でかきむしらないように、常に手袋をはめていました。

この時期、何度薬を塗ろうと思ったかわかりません。

夫はともかく、私は四六時中一緒にいたので、その辛さが大きかったです。

まだこんなに小さな赤ちゃんが、こんなに辛い思いをしなくてもいいんじゃないか。
塗ってあげた方がいいのではないか・・・

と何度も思いました。

しかし、ここが正念場だと自分に言い聞かせ、時には私が手でかゆいところをさすったりして、この辛い時期を何とか乗り切りました。

髪が薄くなるまでかきむしる娘

常にかき続けたからでしょう。
頭の毛、特におでこの上辺りの毛が薄くなり、ほとんど無くなってしまいました。

薄くなっていることに気がついたのは夫でした。

こんなになるまでかくほどかゆいものなのかと、夫も辛そうに抱き上げ、娘の頭をさすっていました。

検査の結果、牛乳アレルギーであることが判明!

小児科のアレルギー外来の存在を知り、生後半年経ったらそこでアレルギー検査を受けてみることにしました。

間もなく生後半年を過ぎ、血液検査をした結果、牛乳アレルギーであることが判明しました。

産後に入院中の黄疸治療中にミルクを飲んで顔に湿疹が出たのは、ミルクの原料である牛乳が原因だったのでしょう。
その後はほぼ母乳のみだったので、軽度のアトピーで済んだのかも知れません。

夫と私が、なるべく薬は使わずに治したいことを先生に伝えたら、
「とりあえずお母さんが牛乳や乳製品を控えてみて」
と言われ、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を控えてみることになりました。

-アトピー治療記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生後5か月-変化のない日々、薬への不安から温泉治療法へ

薬への不安 皮膚科Bでの治療に落ち着き、処方される薬を飲ませ、塗る日々が続きました。 私が卵と牛乳を少し食べたり除去したりしていましたが、あまり変化がないので、少なめを心がけながら、この頃から普通に食 …

薬の種類-処方された薬のほとんどがステロイドだった!

アトピーの薬の代名詞にもなっている「ステロイド」。 正しく使えば怖い薬ではないのですが、赤ちゃんに使うとなると、ちょっと抵抗があるのも事実。 ステロイド外用剤 ステロイドは、薬の強さで5段階に分類され …

初めてのカウンセリングで悩んで考えて、そして決意する

初めてのカウンセリング 上の子は義母に預けて、夫と赤ちゃんと私の3人で、カウンセリングを受けに行きました。 カウンセラーの話は次の通りでした。 アトピー性皮膚炎の中でも軽度なので、お誕生日を迎える頃に …

生後9か月でアトピーはほぼ完治!その後はどうなった?

アトピーが治まってからの様子 アトピーの症状はすっかり治まりました。 しかし、まだ牛乳にアレルギーがあるので、それを含む食品等を口にすると一時的に湿疹が出ます。 アトピーの時は、どんなに暑くても汗が出 …

生後5日目から-3か月健診でアトピー性皮膚炎の疑い

眼帯が原因?目の周りの赤いポツポツ 二人目の子である娘、生後5日目のこと。 「黄疸が少し強いから、1日保育器に入れて治療しましょう」 と言われ、青い紫外線の中、オムツだけの裸の姿で、紫外線にやられない …