辛いリバウンド、生後6か月で受けたアレルギー検査の結果

アトピー治療記

リバウンドが辛い!

薬を使わなくなってから数日後、今までで最悪の状態になり、身体中にアトピーの症状が出ました。

とにかくかゆいらしく、常に頭や顔をかいていました。
まだ小さな手でかく姿は、見ていて辛かったです。

爪でかきむしらないように、常に手袋をはめていました。

この時期、何度薬を塗ろうと思ったかわかりません。

夫はともかく、私は四六時中一緒にいたので、その辛さが大きかったです。

まだこんなに小さな赤ちゃんが、こんなに辛い思いをしなくてもいいんじゃないか。
塗ってあげた方がいいのではないか・・・

と何度も思いました。

しかし、ここが正念場だと自分に言い聞かせ、時には私が手でかゆいところをさすったりして、この辛い時期を何とか乗り切りました。

髪が薄くなるまでかきむしる娘

常にかき続けたからでしょう。
頭の毛、特におでこの上辺りの毛が薄くなり、ほとんど無くなってしまいました。

薄くなっていることに気がついたのは夫でした。

こんなになるまでかくほどかゆいものなのかと、夫も辛そうに抱き上げ、娘の頭をさすっていました。

検査の結果、牛乳アレルギーであることが判明!

小児科のアレルギー外来の存在を知り、生後半年経ったらそこでアレルギー検査を受けてみることにしました。

間もなく生後半年を過ぎ、血液検査をした結果、牛乳アレルギーであることが判明しました。

産後に入院中の黄疸治療中にミルクを飲んで顔に湿疹が出たのは、ミルクの原料である牛乳が原因だったのでしょう。
その後はほぼ母乳のみだったので、軽度のアトピーで済んだのかも知れません。

夫と私が、なるべく薬は使わずに治したいことを先生に伝えたら、
「とりあえずお母さんが牛乳や乳製品を控えてみて」
と言われ、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を控えてみることになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました