アトピー治療記

本当にアトピーなの?小児科と皮膚科を巡る日々が続く

投稿日:

小児科で3ヶ月健診を受けた後、皮膚科を受診

その後も複数の小児科や皮膚科を巡る日が続きました。
ご参考までに、処方された薬をご紹介します。

小児科B

この医院には鼻風邪で受診したのですが、鼻炎用の内服薬と一緒に下記の外用薬も処方されました。
鼻炎用内服薬の記載は省略しました。

外用薬

【1日3回全身塗布】
・アンダーム軟膏 5% 30g
この薬をつけたら胸とおなかが真っ赤になってしまいました。

【頭に1日3回塗布】
・エクセルダームソリュション 1% 10ml

小児科C

この医院は娘を産んだ産婦人科の依託小児科なので受診してみました。

外用薬

【1日2回塗布】
・アズノール軟膏0.033% 10g
この薬をつけたら胸とおなかの炎症はおさまりました。

4ヶ月になり、小児科で再健診

母乳を与えている私が卵と牛乳の除去食を開始してから1ヶ月、若干ですがアトピーの症状が軽くなりました。

卵か牛乳のどちらか、もしくは両方にアレルギーがある可能性が大きいということです。
今後は私が卵と牛乳を少し食べたり除去したりしながら、様子をみることになりました。

一方、皮膚科にも通っていました。
複数の塗り薬と飲み薬を処方されていました。
ご参考までに、処方された薬をご紹介します。

皮膚科A

外用薬

【頭に1日2回塗布】
・パルデスローション 10g

【顔、ひどいとき1日2回塗布】
・プレドニン眼軟膏 0.25% 15g

【下腿痒疹に1日2回塗布】
・リンデロン-VG軟膏 0.12% 5g

皮膚科B

ここの薬を一番長く使っていました。

内服薬

・アリメジンシロップ 毎食後 1回 0.333ml

外用薬

【目のまわりに1日2回塗布】
・サンテゾーン0.05%眼軟膏 1回3.5g

【頭・顔に1日2回塗布】
(下記の2種類、まざっています)
・デキサメサゾン軟膏「イワキ」 1回5g

【体・腕・脚に1日2回塗布】
・ゲンダシン軟膏 1回3g
(下記の3種類、まざっています)
・アルメタ軟膏 1回6g
・パスタロン20ソフト 1回6g
・ゲンダシン軟膏 1回3g

【首に1日2回、股におむつ替えの都度塗布】
(下記の3種類、まざっています)
・アルメタ軟膏 1回4g
・アスタット軟膏 1回4g
・ゲンダシン軟膏 1回4g

【脚のひどいところに1日2回塗布】
(下記の2種類、まざっています)
・パンデル軟膏 1回5g
・ゲンダシン軟膏 1回3g

-アトピー治療記
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生後7ヶ月で回復の兆しが!8ヶ月で徐々に回復を実感!

生後7か月、徐々に成果が表れ始める 私がほぼ完全に牛乳及び乳製品を断ってから半月が経ちました。 その成果なのか、頭とおでこ以外はかなりきれいになり、さわり心地もつるつるしてきました。 見た感じでは、頭 …

辛いリバウンド、生後6か月で受けたアレルギー検査の結果

リバウンドが辛い! 薬を使わなくなってから数日後、今までで最悪の状態になり、身体中にアトピーの症状が出ました。 とにかくかゆいらしく、常に頭や顔をかいていました。 まだ小さな手でかく姿は、見ていて辛か …

薬の種類-処方された薬のほとんどがステロイドだった!

アトピーの薬の代名詞にもなっている「ステロイド」。 正しく使えば怖い薬ではないのですが、赤ちゃんに使うとなると、ちょっと抵抗があるのも事実。 ステロイド外用剤 ステロイドは、薬の強さで5段階に分類され …

生後5か月-変化のない日々、薬への不安から温泉治療法へ

薬への不安 皮膚科Bでの治療に落ち着き、処方される薬を飲ませ、塗る日々が続きました。 私が卵と牛乳を少し食べたり除去したりしていましたが、あまり変化がないので、少なめを心がけながら、この頃から普通に食 …

初めてのカウンセリングで悩んで考えて、そして決意する

初めてのカウンセリング 上の子は義母に預けて、夫と赤ちゃんと私の3人で、カウンセリングを受けに行きました。 カウンセラーの話は次の通りでした。 アトピー性皮膚炎の中でも軽度なので、お誕生日を迎える頃に …