ずっと親子やってます

2男1女の子育てブログ。妊娠・出産や母乳育児、アトピーや年子育児、発達障害などの育児体験を書いています。

母乳育児体験記2人目

産後初日から3日目-経産婦の余裕!でも母乳が出る気配がない?

投稿日:

産後初日

二人目の子も産後すぐに胸に乗せ、乳首を吸わせました。
最初の子のときより乳首の状態が良かったのでしょう、上手に吸い付いていました。

最初の子のときと違うのは、経産婦ならではの余裕でしょうか。
産後、興奮することもなく、普通に食事を取り、ぐっすり眠ることができました。

産後1日目

翌日、母乳育児開始です。
当然ながら、まだ母乳は出ません。

ただ乳首を吸わせるだけの授乳ですが、今度は柔らかく伸びの良い乳首なので、赤ちゃんも吸い付きやすいようです。まだ出ないお乳でも、一生懸命吸い付いていました。
上の子が頑張って吸ってくれたおかげでです。

最初の子のときは、会陰切開したため、産後は座るのも痛くて大変でしたが、今度は切らずに産むことができ、その痛みがないだけでも、かなり楽に感じました。

産後2日目

2日目になっても、母乳が出る気配はありません。
ただ乳首を吸わせるだけの授乳が続きます。

産後3日目

3日目になっても、まだ母乳が出る気配はありません。
以外なようですが、初産婦より経産婦の方が、母乳が出始めるのが遅いのです。

そのことを事前に聞いていたので、気にせずどんどん吸わせていました。

今度の赤ちゃんは最初からおっぱいを吸うのが上手で、吸う力も強いのですが、それが災いしたのか、乳頭の先が少し切れてしまったのです。

これが痛い!
だけど、今まで散々痛い思いをしてきたので、このくらいは大丈夫と、痛いのをガマンしながら、吸わせていました。

そうしたら、赤ちゃんがピタッと吸うのをやめてしまったのです。

「血の味がするから、吸わないのかな?」
と助産婦さんに言ったら、
「まだ母乳が出ないからじゃないかな?」
と言われました。

赤ちゃんにしてみれば、それこそ乳頭が切れるほど一生懸命吸ったのに、ちっとも出ないおっぱいがイヤになってきていたようです。

そんな赤ちゃんをなだめながら、その内出るようになるさ、と気楽に思いながら、授乳を続けました。

余談ですが、乳頭が切れて痛いと、赤ちゃんに吸わせるのも恐怖になってしまいますが、薬を塗るより吸ってもらった方が傷の治りは早いですよ。

-母乳育児体験記2人目
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

産後4日から退院まで-黄疸が強い!?保育器で紫外線治療

4日目、ようやくおっぱいが張り出しました。 さあ、これでいよいよ母乳を飲ませてあげられる!と思った矢先のことでした。 保育器に丸一日入って治療 5日目のことです。 「黄疸が強いので、1日保育器に入れて …