産後2日目と3日目-産後はとにかく授乳の痛みが辛い

母乳育児体験記1人目

夜も約3時間おきに起こされ、ゆっくり寝ることはできなくなりました。

眠い目をこすりながら授乳室へ行き、オムツを替えて体重を計り、まだ出ないおっぱいを看護婦さんに手伝ってもらいながら吸わせます。
ようやく吸い付かせたら、やっぱり痛い!
でも、これを何度も繰り返すことで徐々に乳首が柔らかく伸びも良くなり、痛みもなくなって行きます。
新米ママの試練です。

そして、2日目の夕方、おっぱいが張り出しました。
いよいよ母乳が作られ始めました。

おっぱいが固まった!?ガチガチに張って痛い!

しかし、これがまた、とんでもなく痛い!
おっぱいがガチガチになり、腕を動かすのもつらいほど。
ベッドでも横は向けず、仰向けにしかなれません。
まるで胸を石膏か何かで固められてしまった感じです。

産後、おっぱいが張って痛いのはみんな同じなのですが、私は特に張りがひどくて痛みも強かったらしく、見かねた助産婦さんが、芋シップを貼ってくれました。

これを、丸2日は貼っていたでしょうか。
冷蔵庫で冷やした芋シップを貼ると、張って熱を持ったおっぱいに心地良かったのを覚えています。

おっぱいが張っても冷やしすぎは禁物!

おっぱいの張りや痛みは冷やしたら楽になるのですが、だからと言って氷などで冷やすのは逆効果です。
冷やしすぎると母乳が止まってしまうので、産後母乳が作られ始めている時期は冷やしすぎないようにしましょう。

その点、芋シップは程良く冷やしてくれて、冷やしすぎにはなりませんので、おすすめです。

母乳が出始めたら、今度は搾乳が辛い!

母乳はと言うと、わずかながら出るようになってきました。
しかし、本当にわずかな上、おっぱいが張って硬くなってしまっているので、赤ちゃんにとっては、ますます吸い付きにくい状態です。

痛みに耐えながら赤ちゃんに吸わせたあと、今度は搾乳(さくにゅう)です。
母乳を搾(しぼ)って哺乳瓶に移し、赤ちゃんに飲ませてあげるのです。

まだ赤ちゃんが上手に飲めず、おっぱいの中に母乳が残ってしまうので、それを搾りきっておくためです。
おっぱいを空にすることで、新たに母乳が作られます。

この搾乳も、なかなか難しい!
助産婦さんや看護婦さんが搾ってくれると、それなりの量が取れるのですが、その代わり、涙が出そうなほど痛い!
自分だと、痛みを加減しながら搾るので、なかなか量が取れません。

お産で痛い思いをして、産後も授乳で痛い思いをするなんて思いもしませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました