妊娠・出産体験記3人目 カンジダ膣炎

大した痛みではないものの、膣の奥に痛みを感じるのはおかしいので、次の検診を待たずに産婦人科を受診することにしました。

内診した結果、膣内にカンジダ菌がいることが判明!
カンジダと聞くと、外陰部が痒いというイメージがあるのですが、私の場合、特に痒みがあるわけでもなく、おりものに異常があったわけでもなく、全然自覚症状がなかったのです。
おそらく、膣の奥(子宮の入り口)にだけカンジダ菌がいたのでしょう。自覚症状は軽い痛みだけでした。

処方された薬は飲み薬ではなく、膣内に入れるエンペシド錠という薬が一週間分出ました。
1日1回、就寝前に膣の奥に入れます。
初日は膣内に薬を入れること自体初めての事だったので、ちょっと緊張していたのか、奥までしっかりと入らず、翌朝下着が溶け出た薬で汚れてしまいました。
翌日からはちゃんと奥まで入り、下着を汚さないようにおりものシートを着けたので大丈夫でした。

以前のカンジダ膣炎の治療は、毎日膣内を洗浄しなければならなかったそうですが、今はこれだけで良いみたいです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。