妊娠・出産体験記3人目 便秘

つわりの時は、食べれるものを食べたいときに食べるという生活を送りがちなので、食生活は乱れ、リズムも乱れ、おまけに水分不足と運動不足も加わり、便秘になってしまいました。

妊娠したら、元々便秘しない人でも便秘になりやすくなります。
私は元々胃腸があまり丈夫な方ではなく、便秘と下痢を繰り返す体質ですが、今回の便秘はなかなか頑固で、牛乳を飲んだり、バナナを食べたり、芋など食物繊維の多い食品を食べてみたりしたものの、なかなか解消されません。

よく妊娠中の下痢は良くないといいますが、便秘も良くないということを、身をもって体験しました。妊娠5ヶ月を過ぎた頃です。

数日経っても便意がないと、さすがにおなかが張ってきます。食欲も落ちてきます。
便秘のせいでつわりが悪化することもありました。
そのくらいならまだ良いのですが、さらに便秘が続くと、今度はおなかが痛くなってきました。
食後しばらくすると、おへその上辺りから下腹部にかけておなかが張り裂けそうな、または締め付けられているようなキリキリとした痛みが襲ってきたのです。

きっと便秘のせいだろうと、しばらく横になっていると痛みは徐々に引いていったので、特に気にもかけず過ごしていました。
便秘が解消されるとその痛みは起こらなくなっていたからです。
その後も便秘になっては痛みが再発し、横になってしのぐ日々が続きました。

そんなある日、やはり便秘気味になっており、普通に昼食を摂った後、しばらくするといつもの腹痛がやってきました。
しばらくおとなしくしていればいいかと様子を見ていたのですが、今度は痛みが引くどころかどんどん激しくなり、どうにもならない程の激痛が続いたのです。

たまたま実家に帰省していた時で、母や妹から「そんなに痛いのは普通じゃない、医者に行ったほうがいい」と、実家近くの産婦人科に行くことになりました。

結果、子宮の収縮による痛みだろうという診断が下されました。
内診で子宮内の映像を見た時、おなかの赤ちゃんが子宮いっぱいに入っているような印象を受けたのですが、子宮が収縮しているため、子宮が赤ちゃんの大きさまで小さくなっていたのです。
私も苦しかったけど、赤ちゃんも苦しかっただろうな・・・。

一番の原因は便秘ですが、それ以外にもストレスや疲れなども原因になるそうです。
まず浣腸をし、その後張り止めの点滴を打ち、様子をみることになりました。
張り止めの内服薬も2週間分出されました。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。