妊娠・出産体験記3人目 つわり

妊娠すると味覚が変わるとよく言いますが、一人目・二人目の時は特に変わりませんでした。しかし、今回初めて味覚が変わったようです。
とにかくあっさりさっぱりしたものを口に入れたいと思うようになり、苦手だった梅干しが食べたいと思うようになり、大好きだったコーヒーがまずいと感じるようになりました。

一人目の時が食べづわりだったので、空腹になる前に何か食べていたら大丈夫だろうと、ちょこちょこと食べていました。
常に吐き気はあるものの、嘔吐するまでには至らず、これで何とかなるだろうと思っていました。
しかし、何日か経過した後、食べる前よりも食べた後の方がムカムカが強いことに気がつきました。

もしかして、今回は食べづわりじゃないのかも知れない・・・と、ちょこちょこ食べるのをやめてみることにしました。
そうしたら、若干ですが吐き気が軽減されたのです。

そうか、食べない方がいいのか!と、必要最低限以外の食物を口にしないで過ごすようになってから数日後、空腹時に飲んだお茶が悪かったのか、初めて嘔吐してしまいました。
空腹だったので、吐くものはお茶と胃液しかなく、苦いようなすっぱいような何とも不快なものを吐き出しました。
吐き終わると吐き気がなくなり、かなり楽になったものの、今度は胃痛に悩まされる羽目になってしまいました。

食べない方が楽なつわりであることはわかったものの、今度は一人目の時でもここまではなかったと思うほどの、匂いづわりであることが判明。

この頃からがつわりのピークとなり、その時期は妊娠三ヶ月目でした。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。