出産奮闘記1 入院・陣痛開始

入院


相変わらず前駆陣痛は頻繁に起こるものの、とうとう陣痛は来ないまま、入院となりました。
午後から入院し、院内のマタニティヨガに参加。
陣痛を促進するツボや体操をしましたが、結局自然な陣痛はこないまま。
しかし、明日は陣痛促進剤を使うので、いよいよ出産です。

陣痛開始


昨日も陣痛は来ないままだったので、朝から陣痛促進剤を使っての出産となりました。
朝から1時間置きに薬を服用し、陣痛を待ちます。

午前7時


1回目服用。
早速陣痛がやってきました。もういつ生まれてもいい状態だったので、薬がいい刺激となり、早速反応したようです。
生理痛のような軽い痛みで、まだ間隔も不規則です。

午前8時


2回目服用。
少しはっきりとした陣痛になってきました。
これはもう間違いないだろうと、8時半頃、実母と義母に電話で陣痛が始まったことを連絡。
でも、電話できるくらいなので、まだまだ余裕です。

午前9時


3回目服用。
処置室に呼ばれ、看護婦さんが子宮口の確認をしました。
手袋をはめた手(指)を膣内(産道)に入れて確認します。
まだ2~3㎝しか開いておらず、子宮口を広げるため、子宮口に水風船のようなものを入れることになりました。
歩き回ると陣痛が早まると助産婦さんからアドバイスを受け、廊下やフロアをウロウロ…。
間隔も規則的になってきました。
陣痛が来ている間は、ちょっとつらくなってきましたが、まだまだです。
はっきり覚えていないのですが、この頃に浣腸と剃毛をしたと思います。

午前10時


4回目服用。
子宮口に水風船のようなものを入れてから約1時間、今度は取り外すことになりました。
外した後、急に痛みが増しました。
「急に痛くなったんですけど…」と助産婦さんに言ったら、「水風船を入れた効果があったみたいね」と言われました。
なかなか開かない子宮口を広げることで、陣痛が促進されたようです。

午前11時


5回目服用
規則的に強い陣痛が来るようになりました。
陣痛が来ている間は話すのも動くのも辛いです。
でも、まだ子宮口が少ししか開いていないので、まだまだです。
これから分娩室に入るまでが、陣痛との戦いです。

午後12時


6回目服用
最後の陣痛促進剤です。
ここまで陣痛が起こっていればもう大丈夫。
後は自然に任せます。
かなり強い陣痛を感じるようになりました。
昼食を食べながらも、陣痛との戦いです。
陣痛が来る度、呼吸法で痛みを逃がします。
食堂のおばちゃんに「いい陣痛が来てるね。頑張れ!」と励まされました。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。