出産奮闘記3 いよいよ出産

午後3時


分娩台に上がっても、すぐに分娩開始ではありません。
一番苦しい時です。
まだいきむことも出来ず、子宮口が全開になるまで、ひたすら陣痛との戦いが続きます。

助産婦さんに「膀胱におしっこが溜まってるから取りましょう」と言われ、尿道にカテーテルという、細い管を入れて取りました。
入れるときにちょっとチクッとします。
おしっこが溜まっていたなんて全く気がつきませんでした。
身体もそれどころじゃないようです。

気がつかない内に破水もしていたようです。
おしるしがあってナプキンを着けていたのでわかりませんでした。

破水した後、陣痛はさらに強くなります。

午後4時


夫と義父母が産婦人科に到着。
夫は助産婦さんに立ち会いを勧められましたが、苦手だからと断り、義母と一緒に一度分娩室に顔を出し、すぐに出て行きました。
まだ子宮口は全開にならず、陣痛との戦いが続きます。
かなり辛いです。

午後5時


いよいよ子宮口が全開、10cm大になり、いよいよ分娩です。
分娩台に脚をかけ、分娩スタイルになりました。
結構大きく開脚しなくてはならず、慣れるまでちょっと太ももの内側が痛いです。
身体は柔らかい方がお産が楽かも知れません。

助産婦さんの合図で、いきみます。
いきむのにはタイミングがあり、タイミングが来るまではいきむのを我慢しなくてはならず、かなり苦しいです。
初めての出産なので、なかなか産道が開かず、おなかの子も少しずつしか進むことが出来ません。
何度かいきみ、ようやく赤ちゃんの頭が出てきました。

ここが最高に苦しい時です。

まさに鼻から西瓜を出す、という状態で、もうどうにかして!切れてもいいから、早く出したい!!そんな気持ちでいっぱいです。

そんな辛い陣痛の合間、助産婦さんが触ってごらんと、赤ちゃんの頭を触らせてくれました。
羊水で濡れた赤ちゃんの髪が指に触れました。

あともう少し!一緒に頑張ろう!!

自分と赤ちゃんを励ましながら何度がいきみ、助産婦さんから「会陰を切開します」と言われました。
麻酔などはせず、そのまま切りましたが、お産の痛みの方が強いので、チクッとする程度です。

「もういきまなくていいよ、力を抜いて!」そう言われて必死に力を抜きます。
下半身に力を入れず、上半身だけで呼吸する感じです。
本当に必死に抜こうとしないと、思わずいきんでしまいたくなるのです。

この一番苦しい最中に、思わず笑ってしまいたくなるような事が起こりました。
何と、赤ちゃんが産道を通りながら「うぶぶ…」と声を出しているではありませんか!

産声を上げる前に声を出しながら生まれる赤ちゃんなんて、聞いたことありません。
助産婦さんが「早く生まれたいのね、もうちょっとだからね」を声をかけてくれました。

「もう生まれるからね」と助産婦さんが赤ちゃんの両脇に手を差し入れ、どうにもならない程の苦しみが消えた時、助産婦さんが赤ちゃんを取り上げ、私のおなかの上に乗せました。

声を出しながら生まれてきたせいか、羊水をたくさん飲み込んでしまったらしく、すぐに助産婦さんが口の中に吸引する管を入れていました。
その後、無事元気な産声を上げました。

赤ちゃん誕生です!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。